Help me・・・ と叫んでませんか?痩せ体質をつくる手助けいたします
キレイにやせたい
 

ダイエットによるたくさんの情報が出回っていますが、絶対に無理、過激なダイエットはしないでください。単品ダイエットや食べないダイエット方法は簡単に痩せられますが、体に悪影響を及ぼし、摂食障害を引き起こす原因になります。

摂食障害:食べることに何らかの障害があることです。有名なのは拒食症、過食症です。拒食と過食は正反対のものと思われる方が多いようですが、これらは紙一重と言っても過言ではないと思います。ほとんどの摂食障害患者の方がその両方を経験し、多くの場合拒食と過食を繰り返します。純粋に拒食だけで終わることは少ないと思います。

・拒食症
拒食症は、食欲がなくなってしまい、物を食べようとしても、食べることができず、骨と皮だけになり、ひどい場合は死亡することもあるというものだと思います。この中には、食べたくても食べられない人、太るのが怖いために食べることを拒む人、両方いると思います。拒食症は恐ろしい病気です。20パーセントの人が死亡するというのも聞いたことがあります。拒食症は死の危険と隣り合わせの病気なのです。ほとんど栄養を口から入れることが出来ないため、入院、点滴などの必要があります。初期の症状としては月経異常、骨粗鬆症、脱毛症、無気力、抵抗力の低下など。その後、過食症へ移行するケースも多く報告されています。
?
・過食症
過食症については、一般の方は「よく食べる」ということぐらいしか知られてない事が多いようです。実際には、過食症の人たちは、ほとんどの場合、拒食症(軽いものである場合もある)を経ていることことからもわかるように、ダイエットが原因であることが多いのです。そして、太ることに極端な恐怖感を持っているために、浄化行動を伴うことが多々あります。浄化行動の代表的な物は、嘔吐、下剤乱用です。他にも、過激な運動であることもあったり、またその何種類かを組み合わせてやっている人も多いようです。また、太ることへの恐怖感、自分の行動への罪悪感などから、こころの方にも重大な変化をもたらします。摂食障害のほとんどはこっちだろうと思います。
?
・合併症状
摂食障害はその他の嗜癖行動を合併しやすく、しばしばアルコール依存症(乱用)、薬物乱用、窃盗癖(万引癖)、買い物癖、自傷行為癖(特に手首または前腕の切傷)、性的逸脱行動(恋愛嗜癖、セックス嗜癖、売春行為など)、家庭内暴力などが合併疾患としてみられます。過食症患者の3分の1は物質嗜癖(アルコール薬物乱用など)を合併し、3分の1ないし半数が人格障害を合併しています。また摂食障害患者の親や親族にアルコール依存症がみられることも少なくありません。

  ダイエットは、幸せになるためにすることです。周りから「キレイになったね」と言われることだったり、自分に自信が持てるキッカケになったり、積極的に人と話すことができるようになったり。
小さな自信は、心や顔の表情まで変えてくれますよね。
しかし、間違ったダイエットをしてしまってては、人の心と体を壊します。絶対に無理なダイエットは厳禁です。

Favorite

結婚指輪(マリッジリング)の人気ブランドおすすめランキング!

2018/7/5 更新